Page Top

PADI オープンウォーターダイバー

ダイビングを始めたい、ライセンスを取得したい方はまずはこのコース。
ライセンス取得後は、バディと一緒に水中を楽しむ事ができるようになります。
このコースでは、呼吸の仕方や水中での姿勢、浮力コントロールを中心に
ダイバーとしての基本スキルを練習し習得してもらいます。

講習内容は

  • 学科講習・・・・・・・・・・マニュアルの確認、テスト。もしくはe-Leaningによる学科講習
  • 限定水域でのスキル練習・・・浅い水域でのスキル練習
  • 海洋実習・・・・・・・・・・4回のダイビング実習
  • 大きくわけて上記の3つの講習を最低3日かけて行います。

    講習基本料金は  71500円 となります。
    教材費・・・・16500円
    海洋実習費・・55000円
    ※上記料金には宿泊費、お食事代、交通費等は含まれておりませんのでご了承ください。
    ※宿泊費込みの料金設定もございます。お問合せください。
    料金詳細はオープンウォーターダイバーコース案内書(教本版)をご参照ください。
    e-Leaning版はオープンウォーターダイバーコース案内書(e-Leaning)をご参照ください。

    講習日程はお客様のご都合の合う日程で調整可能です。お問合せの上ご相談ください。


    学科講習

    学習の方法は教本を使用しての学習方法と、パソコンや携帯端末を使用してのe-Leaningでの学習方法がございます。以下それぞれの学習方法を紹介しております。教本版は現地にてインストラクターによる解説・テストを行うため、不安な箇所等を質問しながら学科講習を進める事ができます。e-Leaning版では携帯端末を用いての学習が可能なので場所を選ばずに学習を進める事ができる利点があります。

    教本版

    予習

    ご予約を頂いてから、お客様の自宅にマニュアルを送付いたします。お手元にマニュアルが届きましたら、5セクションに分かれているので各セクションの最後にある「ナレッジリビュー」を埋めて下さい。付属の「レクリエーション・ダイブプランナー」の使い方も同封の説明書を読み、使い方をマスターしてください。
    わからない箇所などはマークして頂き、講習初日に担当インストラクターにご質問ください。

    学科講習

    講習初日にマニュアルの確認を行います。予習が終わっていないと、講習期間内に終わらない場合がございます。その場合は追加料金が発生する場合がございますので、予習をしっかりと行ってください。

    講習期間内に「ファイナル・エグザム」を行います。学科講習の内容のテストとなります。合否がございますのでしっかりと、予習、講習に臨んでください。

    e-Leaning版

    準備

    お客様へe-Leaning登録用のメールを送付致します。ご登録頂いてから、スマホやタブレットにアプリをダウンロードして頂ければネット環境が無い場所でもアプリにて学習が可能です。
    進捗状況のデータをサーバーへ送る必要があるためネット環境がある事が条件となります。
    ネット環境が無い状態で進めても、ネットに繋がった際にデータが送られるのでオフラインで学習を進めても問題ありません。

    学科講習

    各セクション事に知識の復讐・クイズがございますので、全セクションを修了すると、ファイナルエグザムの実施が可能となりますので、ファイナルエグザムを修了してください。全ての項目が修了しないと実践練習に進めないので講習初日までに修了してください。
    ※クイズとファイナルエグザムはA・Bの2パターンが用意されます。クイズは合格するまで繰り返し受けられますが、ファイナル・エグザムは2回で合格できない場合はインストラクターの元で復習の上、現地にてファイナルエグザムを受けて頂きます。また、当店ではRDPテーブル版を用いて講習を行いますので「オプション」のRDPテーブル版、及びRDPのエグザムも修了してください。


    限定水域トレーニング

    プールに似た環境を限定水域と言い、当店では大瀬崎湾内の浅い水域で限定水域トレーニングを行います。
    限定水域ダイブ1~5までを修了し、基本的なダイビングスキルの練習を行っていきます。

    主なスキルとしては

    水中での呼吸の仕方・姿勢
    中性浮力・浮力コントロール
    緊急事態・トラブルの対処(空気が少ない、マスクに水が入る等)
    バディもしくはグループでのダイビング計画の作成

    上記スキルに加え、様々な状況を想定したスキルを限定水域で練習し、海洋実習へと進みます。


    海洋実習

    限定水域で練習したスキルを実際のダイビングの中で活用しダイビングを楽しみながら復習していきます。
    4回の実習を通してスキルが身についているかを評価していきます。

    全てのトレーニング、学科テストが修了しましたら、オープンウォーターダイバーのライセンスを取得できます。